新製品・入荷情報  +SCOTT-Road ロードバイク

SCOTT 2019年展示会にて ~2019年RoadBike その2 Foil~

■一昔前、エアロは特殊車両だった時代
ロードバイクに求められる性能は様々です。どれかを追求すれば、何かが犠牲になるのは「モノ・コト」を追求する宿命と言えます。
その中でどこに妥協点を見出すか=バランスを取るか、が開発者の腕の見せ所です。
空力を向上させるには前面投影面積を減らせば単純に前方からの空気抵抗は減少します。しかしそれと引換えにペラペラに薄くなったFrameは一般的に横の力に弱く縦方向には硬くなります(平べったい定規を曲げた時と同じ現象)ペダリングに対する剛性Upと路面からの衝撃の緩和という自転車にとって最も大切な性能とは真逆の状態になってしまいます。
故にエアロフォルムのフレームはトラディショナルなFrameに対して「重たくて乗り心地が悪い」となり、万能に使えるFrameは殆ど有りませんでした(店主的に)

■エアロロードの常識を覆した Foil
Foilは一見すると、他社と比べて地味な外観でしたが、今までのエアロフレームのような羽根のような横から見て太いフレーム形状ではなく、どちらかと言えば「普通の」Road Bikeの概観とさほど変わりません。
2012年SCOTTは初代Foilを発表。「カムテイル」と呼ばれる今までのエアロチューブのヒレ(餃子の羽根みたいな奴)を切り取ったような形状を提案。その結果、Frameを通り抜ける空気の乱流を減少させる事に成功。その結果Frame形状も今までのエアロFrameに比べ「平べったく」する必要がなくなり、トラディショナルなFrameと殆ど変らない乗り味に近づける事の成功。その後のRoad Bikeの開発の流れを一気にエアロへとなりました。

2016年にモデルチェンジしたFoilとなり今年で3シーズン目を迎えますが、そのエアロ性能は未だトップクラス、更にはFrame+Fork重量はHMX Carbonで1280g(Frame単体945g)HMF Carbonで1425g(Frame単体1060g)と他社と比較しても今なおトップクラスの軽さとなります。

店主は実のところ、エアロロードバイクのメリットや性能に懐疑的でした。
そもそもロードレースに出ないし、どちらかと言えば山岳志向。むしろSCOTTの中ではAddictが最適と、なります。

■エアロは速く走れる人の為だけではない
「山岳志向だから走行速度もさほど高くないし、エアロじゃなくても良いじゃない」
店主はそう思っていましたが、FoilをTest rideした初日、向い風の時に感じた走行感の軽さは今でも忘れられません。
よくよく考えてみれば、走行速度が25km/h程度のクルージングであっても、向い風が吹いてくればBikeが受ける抵抗は時速30~40Km/hのものと変わらないのでは?という事です。
山岳に入るまでのアプローチは平地。さらには山岳で本当に軽さを生かせる区間ってコースのうち何パーセントあるのか?という事を踏まえると、実は山岳ファストランを目指すライダーにとってもFoilは万能なロードバイク、という事になります。
山岳とはいえ走行による風の他に天然(?)の風など、Bikeは常に「風」を受けて走っている事を考えると、エアロはやはり良いモノだ。と思っています。
但し、重量は増えない事はLa.sista店主としては大切な条件の一つです。

2019年のFoilはディスクブレーキ搭載のモデルが増えます。フロントのRIMブレーキが無くなり、ブレーキキャリパーがフロントフォーク一体のフィンによって囲まれているため、恐らく空力性能も向上しているでしょう。

リアブレーキもBB下のダイレクトマウントからディスクブレーキになったお蔭で、BB下DMブレーキ特有の効き始めまでの「タイムラグ」もなく、より安定したブレーキ性能を備えているでしょう。
※ロードディスクブレーキについては過去Blogをご参照ください

■FOIL20 SHIMANO ULTEGRA R8000 ※Diskブレーキ
 
メーカー希望小売価格 ¥399,000 → お問合せ下さい
HMF Carbon FrameとR8000系ULTEGRAの油圧ディスクブレーキのパッケージです。現時点においてロードレースでのディスクブレーキの使用率は少ないですが、レース以外でのRoad Tourにとっては機能性、安全面からお勧めします。FoilはブレーキキャリパーをFrameに設けられたFinによって空気の流れをコントロールし、さらなるエアロ効果が期待できるほか、RIMブレーキ特有の「レバー入力から、パットコンタクト後の制動開始」までのタイムラグが殆どありません。そんな新しいブレーキシステムを搭載したFoil DiskのULTEGRA仕様は山岳ファストランなどには最適な一台です。
FrameカラーはYEL/BKとSIL/BKの2色展開。それぞれお好みによってチョイスできます。またフレームセットの販売もあります。
■Foll20 Disk フレームセット ¥320,000(+税)

 

■FOIL30 SHIMANO 105 R7000 ※RIMブレーキ

メーカー希望小売価格 ¥459,000 → お問合せ下さい
モデルチェンジしたSHIMAO105 R7000系をメインコンポを搭載。FrameはHMF Carbonを採用しアマチュアライダーでも扱い易い剛性感と乗り心地。お手頃な価格で世界最高のエアロロードフレームの性能を手に入れる事が可能なパッケージで、後にWheelのアップグレードなどで、さらなる性能の飛躍が楽しみなモデルです。

■FOIL RC DISK SHIMANO D/A R9000 ※Diskブレーキ

メーカー希望小売価格 ¥929,000 → お問合せ下さい
エアロロード最軽量クラスのHMX CarbonをDiskブレーキ仕様に昇華させ、SHIMANO DURA-ACE R9000系を搭載したパッケージです。ステム/ハンドル一体型のSyncros RR1.0 CarbonでFrameと共にエアロ性能を高めます。
Diskブレーキ仕様になったFrameはリアセンターが約5mm延長、ホイールベースは約3mm延長されました(Sサイズ)地上を速く走ろうとする乗り物の中で、唯一Diskブレーキを持たなかったRoad Bikeの世界。世界最高レベルのエアロロードバイクにスピードを完璧にコントロールできるDiskブレーキが備われば、さらなる絶対的な速さを手に入れる事ができます。
※2019年早期予約は特別価格をご用意しております。 (8/29まで ※詳しくはご相談ください)

※車体の価格と組立てについて
La.sista規定のチューンナップアセンブルで組立て、納車させて頂いたBikeは以下のサービス、保証が付帯します。
・定期点検 生涯無料
・各部微調整、簡易メンテナンス 生涯無料
・車体アクセサリ ご購入取付工賃 生涯無料
・各種メンテナンス工賃 20~50%割引
・当店主催イベント 参加無料
・Club La.sistaへのご招待
 詳しくは店頭にてお問合せ下さい


 京都府木津川市山城町上狛四丁町(しちょうまち)5-2
TEL:0774-86-6300
FAX:0774-86-6301
mail lasista@euro-works.net