新製品・入荷情報  +SCOTT-MTB マウンテンバイク

SCOTT 2019年展示会にて ~2019年注目モデルMTB その2 フルサスXC~

SCOTTといえば、MTBクロスカントリー(XCO)男子でN.シューター選手が2年連続で金メダルを獲得。さらにはMTB World Cup2017年シーズン全戦全勝のパーフェクトウィン、2016年のリオオリンピックでも金メダルを獲得と、MTB競技の歴史において1人のライダーがここまでの活躍を見せたことは、記憶にありません。
そんなSCOTT MTBはXCライダーにとって最高の機材の一つである事は間違いありません。

■SCOTT XCは2019年は29インチWheelへ。
ハードテイルの「SCALE=スケール」フルサスモデルの「SPARK=スパーク」のラインナップは変わらず。27.5+のSPARK700シリーズは生産終了となりXC系のモデルは全て29インチへと移行します。
「27.5インチ推しだったじゃない!」
と思う方も多いかと思いますが競技用の自転車は「勝つか負けるか」「速いか遅いか」でしか評価されません。今までの技術では到達できなかった性能も、時を経て技術革新によって到達させることがRacingの世界です。
XCの世界に於いて再び29erに移行した理由はやはりBOOOST規格の登場は大きいでしょう。またコースの難易度やレース展開などから「これなら(BOOST)29erも良いね」というのが選手達の答えなのでしょう。
もちろん体格やコースによって「その時最も適している機材」は変わってくると思いますがXCOに於いては29インチWheelが当面の間、主役になる事は間違い無さそうです。
常にトップクラスのRacingシーンで戦うSCOTTのMTBは最新のトレンドを映していると言えるでしょう。我々一般ライダー、ホビーレーサーとしても「速く軽快に走ること」を目的とするならばSCOTTバイクがお勧めな理由です。

■手元でサスペンションをフルコントロール。SPARKシリーズ
SPARKは目的に合わせて2系統に分けられます。簡単に特徴をまとめると、
「RC=Racing Concept」
フロントシングル専用に設計されたFrameはリアショックユニットをFrameの中心から左にオフセット。サスペンションの動きとFrame剛性を最適化。Frameで最も剛性を出したいBB付近に、これも強度が必要なショックユニットのマウント位置を近くする事で重量増させることなく効率的な剛性Upを実現。(アルミモデルのSPARK RC900Compはチェンリング2×使用可)

「SPARK」(スタンダードSPARK)
トレイルライドも考えた余裕のある前後120mmトラベルのサスペンションユニットと、コースに合わせて手元でサドル高をアジャストできる「ドロッパーシートポスト」を装備(970を除く) フロントチェンリングも2×(ダブル)も使用できるので幅広いフィールドで楽しめます。

RCとスタンダードSPARKをクルマに例えるならば、RCは完璧なサーキット走行専用モデル。対してSPARKは一般公道走行可能なレース出場を前提としたクルマ。といった感じでしょうか。

ハードテイルバイクに比べ重量面がハンデとなりそうなフルサスですが、最も軽量な「SPARK RC900 SL」は完成車重量約9.6㎏、ワールドチャンプモデルの「SPARK RC900World Cup」は約10.3㎏と一般的なハードテイルバイクと殆ど変りません。

La.sista的に価格、パッケージを考えて2019年にお勧めしたいSPARKはコチラ。

■SPARK RC900TEAM

メーカー希望小売価格 ¥499,000(+税) → お問合せ下さい
メインフレーム/リアスイングアーム共にフルカーボン(HMF)を採用。Racingに最適なSRAM GX Eagle12sコンポはリアスプロケットもSRAM規格のXD Driver.で軽量。Wheelもチューブレスレディで即、実戦投入可能なスペックです。本格的にXCレースや王滝SDAにチャレンジしたい、というライダーにお勧めしたいモデルです。

■SPARK 940

メーカー希望小売価格 ¥419,000(+税) → お問合せ下さい
所謂、近所の里山を軽快に安心して楽しめるモデルです。Racingモデルに比べてサスペンションのストロークも余裕があり、ドロッパーシートポストは急峻な下り坂でも無理ない乗車姿勢を取ることができます。リアサスペンションユニットは上位機種と同じ「FOX NUDE EVOL」を採用。メインコンポもSRAM GX Eagle12s でWheelもSRAM専用XD Driverで軽量(もちろんチューブレスレディ)
RCが完璧なレーシングマシンだとすれば、940は誰でもが扱い易く、ハイパフォーマンスを体験できるスポーツカーで、その気になればGTレースにも出走できる奴、といった所でしょうか。

■SPARK RC900WORLD CUP ※試乗車できます

メーカー希望小売価格 ¥829,000(+税) → お問合せ下さい
HMFカーボンより高剛性で軽量なHMXカーボンを採用した完璧なRacingモデルです。SRAM X01/XX1 Eagle12sにブレーキシステムはDot5.1フルードで安定した性能を発揮するSRAM Level TMLをアセンブル。Wheelはもちろんチューブレスレディ。完成車重量は約10.3㎏ もう他に何を求める物はありません。2年連続世界チャンプに輝いたN.シューターと同じBikeに乗る事ができれば、あとは目標に向かって走るだけです。

もちろん、ここにご紹介したモデル以外も取扱いしておりますので、ご予算やお好みによってご相談ください。

※SPARKシリーズのカタログデータをご希望の方は「お問合わせフォーム」よりご用命ください。
※ここにご紹介していない他のモデルもご用命ください。
※2019年早期予約は特別価格をご用意しております。 (8/29まで)

■車体の価格と組立てについて
La.sista規定のチューンナップアセンブルで組立て、納車させて頂いたBikeは以下のサービス、保証が付帯します。
・定期点検 生涯無料
・各部微調整、簡易メンテナンス 生涯無料
・車体アクセサリ ご購入取付工賃 生涯無料
・各種メンテナンス工賃 20~50%割引
・当店主催イベント 参加無料
・Club La.sistaへのご招待
 詳しくは店頭にてお問合せ下さい

…「MTBハードテイル編」へ続く。


 京都府木津川市山城町上狛四丁町(しちょうまち)5-2
TEL:0774-86-6300
FAX:0774-86-6301
mail lasista@euro-works.net