【Offroad team】第23回シクロクロス全日本選手権

第23回 全日本シクロクロス選手権。今年は長野県は野辺山高原の滝沢牧場での開催。

Club La.sistaからは男子マスターズ(40-44)に梶田選手、女子エリートに、宮内選手、平田選手がが出場しました。

金曜日に降った雪がレース当日にどのように影響するのかが心配されましたが、男子マスターズの決勝が行われた土曜日は雪も止み、時折太陽が顔を覗かせるものの基本的に曇り空、風も強く気温はマイナス10℃!そのため路面は所々アイスバーン状態でシビアなバイクコントロールが要求され、また気温が低いため身体の動きが硬くなりがち、など難しいコンディションとなりました。

そんなコンディションの中行われた男子マスターズクラス。
梶田選手は序盤から落ち着いた走りで着実に順位を上げて7位でフィニッシュ。

しかしながら本人は不満の様子。今できる範囲ではベストを尽くせたものの、まだやり残した事や対策が不十分な点があったとの事。
言い換えれば、まだ伸びしろが残っている証拠。また来年に向けて頑張ってもらいましょう。

開けて12月10日 日曜日。女子エリート決勝の日。
土日と風が強かったために走行ライン上の雪はほとんど溶けて路面が締まってドライに近いようなコンディションになり、スピードレースの様相となりました。


宮内選手はハイペースで先頭争いを繰り広げる3人からは離されてしまうものの、スタートから先行されていた西山選手との差を落ち着いた走りで徐々に詰め、(確か)残り2周回となったところでパス。

その後は西山選手との差を広げ、4位でフィニッシュ。


  
 平田選手は、中盤パックでバチバチの競り合いの中、12位でのフィニッシュでした。


  
エリート女子選手増加や若手が台頭する中、宮内選手、平田選手共に今持っている力を出し切ってくれたと思います。
Pitではお忙しいなか助っ人に入って頂いた名古屋のMY丸さん、改めてお礼申し上げます。

また今回もRace中の素晴らしい写真を撮って頂いたカメラマンの皆さま、ありがとうございます。当Siteでも使わせて頂いております。

全日本選手権は之にて終了。シクロクロスシーズンは後半戦を迎えます。残りのRaceも選手、サポート側共に悔いの無いように取り組んで行きます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 EURO WORKS La.sista
〒619-0204
京都府木津川市山城町上狛四丁町(しちょうまち)5-2
 TEL:0774-86-6300
 FAX:0774-86-6301
 mail lasista@euro-works.net
 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★